スタジオジブリの”借りぐらしの秘密の世界”得点約セシルコルベル会談

セシル·コルベルは最近、スタジオジブリの “借りぐらしの秘密の世界”のスコアを作成したフランスのシンガー/ソングライター、である。フィルムはちょうどウォルトディズニーピクチャーズが発表され、スタジオジブリ映画としては過去最高のアメリカでの開口部を得ています。メディアマイクスは、スタジオジブリとのスコア、また彼女の新しいアルバムとツアーでの作業についてセシルとチャットする機会があった。

マイクGencarelli:あなたはどのように “アリエッティの秘密の世界”にスタジオジブリでの作業に関わるようになった “?
セシル·コルベル:2009年に、私はスタジオジブリへの贈り物として私のアルバム “歌集、第2巻”を送った。ヘッドのプロデューサー、鈴木敏夫は、CDを持って、実際にそれを聞いたので、私は非常に幸運だった。これは決して起こらない何かである。彼らはただ、 “アリエッティ”の制作に始めていた、彼らは一度音楽と一緒に行きたかったパスがわからなかった。私は次のジブリ映画のために1曲を書きたいと思った場合、私たちは求めて1メールが届きました。だから、それはそれが開始され、1曲からスコア全体に行ってきました方法は以下の通りです。それは本当にエキサイティングだった。

MG:あなたのスコアは映画、あなたはそれのためのインスピレーションを得たのは完璧に見えたスケーリング?
CC:多くのインスピレーションは、私はスタジオから受け取った最初の図面から来ました。また、監督は数行で映画からの文字またはテーマのいくつかを説明しようとした詩のように、私に短い文章を送った。私は映画が制作された前に、私は音楽を思い付くのは非常に簡単にしました感情や気持ちに焦点を当てることができました。

MG:久石譲が、スタジオジブリの得点で働いたことで知られ、それらの靴に足を踏み入れるその任意の圧力だったのですか?
CC:確かに(笑)。私はまた、久石作品の大ファンです。難しいのはそれを考えるために、試してみて、すでに過去のジブリ映画の中で行われていた何かのような音にしないではありませんでした。また、オーケストラやシンフォニックな感じの一種のようなものを使用しないようにしようとする。私はそれをシンプルに保つとスタジオが言った私のCDに似た音楽を思い付くと思いました。

MG:あなたがスタジオからの創造の自由の多くを取得しましたか?
CC:はい、私は驚くほどのサウンドトラックで働く多くの自由を持っていた。

MG:スコアを作成する最も異なる側面は何でしたか?
CC:書き込み自体はむしろ楽しいと創造的であった。その後、私はどの部分が実際のシーンに合うだろう把握しなければならなかった。多くの試行錯誤がありました。それは間違いなく難しい部分だった。

MG:あなたの好きなスタジオジブリの映画 “借りぐらし”の作業に先立って何ですか?
CC:(笑)それは難しい質問です。彼らはすべて異なっているので、私はそれらのすべてが好きです。しかし、 “トトロTortoro”は私のお気に入りの一つです。また、私は、高畑勲監督の “おもひでぽろぽろ”と呼ばれる、もう少し曖昧なフィルムであるかを本当に好きだ。

MG:異なる言語で歌うの最大の課題は何ですか?
CC:私は、さまざまな言語で歌うのが大好きです。 “アリエッティ”は、私が実際に多くの異なる言語で歌わなければならなかった。彼らは映画の国際的な目的のために、日本語と英語で “借りぐらしの歌”を翻訳したいと考えました。それは、フランス語、イタリア語、中国語に翻訳されました。日本人はインチ歌って実際に実際には最も簡単な方法です

MGは:あなたの最新アルバム “歌集、第3巻”が米国で発売されただけで、このアルバムのためにあなたのインスピレーションを教えてください。
CC:はい、それはちょうどアメリカではiTunesでリリースされました。それは最終的に最終的に米国の聴衆のためにリリースされた私のアルバムの一つを持っている偉大な感じ。このアルバムは、 “アリエッティ”の後に書かれた、それは “ソングブック”シリーズで私の前のアルバムのパスをたどります。インスピレーションはほとんど同じであり、ケルト音楽、古代の物語、そして民族音楽から来ている。それは占い物語や伝説からの文字についてです。私はそれを本当に誇りに思っています。

MG:あなたは、今年、米国に来て計画がたくさん巡回している?
CC:私は大きな旅行と私はかなりのビットを見学。私は本当にそれを楽しむ。私は米国で前にどれか一つだけをプレイする機会があった。私は映画のプロモーションの一部となってするように持っているだろうが、それは起こったことはない。うまくいけば、しかし米国では、映画の成功のために、私は本当に近い将来に米国で見学することができるようにそれを使用することを望んでいます。

Share this article

Speak Your Mind

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*